看護師派遣で働くと常勤と比べて何がいいか?


看護師さんが派遣という働き方を選択するとどのような良いことがあるでしょうか?

看護師派遣という選択肢

 

派遣という働き方

看護師さんのお仕事はとても大変です。

残業が少ない方が良いとか、人間関係でもめないとか、色々な仕事を任される方が良いとか、現状に対するご不満は様々だと思います。

特に常勤の看護師さんの場合は、休日がとれなかったり、残業時間も多かったりしますよね。

仕事と時間にしばられ気味でなんとかしたいと考えておられる看護師さんは多いのではないでしょうか?

そんなとき、、、別な働き方として、

派遣という働き方があります。

 

派遣のメリット、デメリット

常勤と違い、基本的に時給で働くので、自分の時間がかなり自由になる点は大きなメリットでしょう。

例えば、休みがきちんととれて、残業も少なく、おまけに給料は常勤と変わらないとしたらどうですか?

あなたが残業があまりできない環境におかれているとしたら、派遣という働き方は選択肢の一つになるのではないでしょうか。

デメリットとしては、常勤と違い、雇用が安定していない面もありますが、今後も看護師不足の現状を踏まえると仕事がなくてこまるということはないと思います。

あとはライフスタイルの問題で責任のある仕事がしたければ、常勤の方がいいでしょうし、それよりプライベートをある程度大事にしたいのであれば、その間だけでも派遣で働くという選択肢の方がいいのではないでしょうか?

結局はあなたの家庭環境も含めた価値観でどちらがいいかを選択していくのがよいと思います。

 

社会保険の加入は?

派遣の場合、気になるのが社会保険加入の有無ですよね。

結論から言いますと、雇用条件によって加入できますということです。

では、その条件とは何でしょうか?

社会保険は労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金の4つのことを総称して言います。

・労災保険

事業所が入る保険です。雇用労働者は特に意識せずとも入っていることになります。

・雇用保険

一ヶ月以上の雇用継続見込みがあることが条件ですので、単発派遣を除いては加入できます。失業したときに失業保険がもらえますので、加入しておきたい保険です。

・健康保険、厚生年金

2ヶ月を超える雇用期間が見込めることで加入可能ですので、これも単発派遣以外は加入できます。

国民健康保険と比べて、保険料が一般的に安めです。

厚生年金については、将来の支給年金額が国民年金とは大幅に変わってきます。

 

ですので、社会保険という面でも常勤の看護師さんと変わらないと言えるでしょう。

 

看護師派遣に関心のあるあなたはこちら ↓

 

 

 

 

コメントを残す