同時に内定が出てどちらに転職するか迷ったら?

内定
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Links

内定が出た後、内定承諾するということはどういう意味を持つのでしょうか?そして同時に複数の医療機関から内定が出た時にはどんな基準で選ぶのが良いのでしょうか?今回はそのことについて考えてみましょう。

Sponsored Links

内定が出るということの意味

 

 

内定通知が応募したところから来た場合、なるべく早く内定承諾するか辞退するかを決めなければいけません。

なぜか?

 

それはあなたと応募先との間で【労働契約】が成立しているからなのです。

これって以外と知らない方が多いんです。

 

知らないのと知っているのとではかなり違います。

どうすれば良いのかも賢いあなたならおわかりだと思います。

 

法的には労働契約が成立しているとはいっても、現実的ではありません。

転職活動で同時に複数求人に応募することは自由です。

なので、同時に複数求人から内定をもらうことだってありえます。

 

複数の応募先と労働契約が成立している状態が内定通知が出た段階です。

現段階では複数の医療機関で働くことは無理と言わざるを得ません。

 

そのため、あなたがどこで働きたいかを意思表示するイベントが「内定承諾」です。

内定がでたら承諾するか辞退するかは遅くても1週間程度で返事をするのがマナーです。

 

法的には労働契約が成立しているので、その縛りは出来るだけ早く解決する必要があります。

それではどんな基準で内定承諾するかを選ぶのが良いのでしょうか?

 

選定基準をまず考えてみましょう。

 


看護のお仕事

 

 

仕事内容で選ぶ

 

あなたの希望する仕事内容に近い方はどちらかで決める方法です。

転職の目的がはっきりしているのなら、より転職理由に近い求人を選択するようにしましょう。

 

この選択基準は基本です。

転職の目的にあっていない求人にはそもそも応募すべきではありません。

 

転職をする際にはあなたが実現したい「何か」があるはずです。

それが転職の目的です。

 

それをきちんと履歴書や職務経歴書に書けるように言語化する作業は大変です。

しかしそれをやっておけば、どちらを選べばよいかなどと迷わなくても済むと思いますよ。

 


転職理由と退職理由との違いって何なの?


 

 

給料が高い方を選ぶ

 

給料アップを目的に転職するのであれば、それも基準となります。

仕事内容や人間関係はどうでもいい人でなければあまりおすすめできません。

 

転職とはそもそも現在の職場で実現できないことがあったからするものです。

給料アップは転職理由の立派なものではありますが、もう一つ軸が欲しいところです。

 

あなたがどうしても譲れないのが給料だけというのは寂しすぎますよね。

もう少しこれからのキャリアについて考えて頂き、選択するのが良いと思います。

 

結果として給料の高い求人は良い仕事である場合が多いので、そういうことだとは思いますが、給料だけで決めるのは危険です。

 


ナース人材バンク

 

 

勤務地で選ぶ

 

これも仕事内容に加えて、勤務地で選ぶのでしたら良いでしょう。

通勤が楽な方が絶対に良いですからね。

 

家庭の事情で引っ越しはできない方が大多数でしょう。

そうなると勤務地というのは応募する段階でクリアしている必要がありますね。

 


マイナビ看護師

 

 

利益が出ている方を選ぶ

 

医療機関のどこでも利益が出ているわけではありません。

一般企業と比べるとこれは調べるのが難しいと言えます。

 

わかりやすい基準としては「いつ行っても患者さんで混んでいる」医療機関は儲かっているといえるでしょう。

近所の方の評判も聞いておいても損はないです。

 

インターネットで調べてもわかりやすく整理されているURLはないようです。

情報が散在しているので、あなたが必要だと思うものを集めていくのが一番かと思います。

 

儲かっていないところに転職すると安い給料で働かされることになるかもしれません。

最悪は倒産ですね。

 

このような心配をしながら働く必要はありません。

リスクが出来るだけ低い大きな病院で働ければそれにこしたことはありません。

 


医療ワーカー

 

 

どれで選ぶかはあなたの価値観次第

 

結局はあなたの価値観次第で選ぶしかありません。

私の記事を読んだからと言って、その通りに実行する方はまずいないでしょう。

 

あなたにはあなたなりの信念がありますよね。

転職もきちんとした目的があって活動したのであれば、どこを選ぶかはすぐに答えが出ると思います。

 

 


看護のお仕事

 

トップへ戻る

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました